1. Home
  2. tag:携帯メディア

Tag Archives:  携帯メディア

初めてのご来校の方へ(Vol、2)

 WAVEで学ぶとき事前に用意しといたほうがいい物のご提案です。2回目ですが WAVEさまとは何の了承ももらってない状況で勝手に書いておりますので、WAVEが唱えていことではありません。あくまで私の経験からの提案でございます。ここで書いてあることが皆様におとって不利益になった場合にWAVEのスタッフに苦情などを言われてもお互い困ったことになりますので情報の真偽に問わず自己の責任と判断でお願いします。

これを用意しとくと便利ですの巻 【その2】

今回は携帯用記録メディアです。授業を受けていると自分専用のデータが必要になります。でPCがいつも同じではないので保存して持ち運びしないといけない。 いわゆるノートみたいなものが必要です。元論、紙のノートも学習のうえで持っていたほうがいいですが。記録で持ち運びができるメディアは僕が思いつくものは以下をあげております。i 

  1. [W:フロッピーディスク]
  2. [W:光磁気ディスク]MO
  3. [W:Phase-change Dual]PD
  4. [W:CD-RW]
  5. [W:DVD-RAM]
  6. [W:ミニディスク]MD
  7. [W:BD-RE]ブルーレイ
  8. [W:スマートメディア]
  9. [W:コンパクトフラッシュ]
  10. [W:メモリースティック]
  11. [W:SDメモリーカード]
  12. [W:USBメモリー]

ざっと思いつく記録メディアを列記してみました。ii 結論!お金がない方以外はUSBメモリーを買いましょう。価格帯は2010年で4Gで2000円ぐらいです。

2010年現在で普及している携帯メモリーメディアはリストの番号で言うと9番から12番です。しかし12番のUSBメモリー以外は専用の読み取りドライブを用意しないといけません。デジタルカメラなどのメディアを既にお持ちでの方は持ち運びの読み取り機を高価ではありませんが購入の必要があります。

USBメモリーはどんなのがいいのか?

すでにお持ちのかたは、データの空き容量だけ確認して512Mバイトぐらい容量が残っていればWEBの授業は乗り切れます。

 容量は4Gバイト 理由:値段が手ごろで WAVEのPCのスペックから考えるとあまり大容量のメモリーは読み取りに時間がかかります。ビデオの動画などを運ぶなら大容量が必要ですが授業ではFLASHの授業で4Gで十分足りるデータは必要ないとおもいます。

  アクセスランプがついてるもの 理由:フリーズ時アクセスランプが点灯しているときは書き込みや読み込み中なので、データ破壊のリスクを回避できる可能性がある。点灯中の無理やりの引き抜きはUSBメモリーの破損につながるので注意

 蓋をなくさない 理由: 端子に電流が流れるものなので端子がさびたり 静電気がながれたりするとデータが飛ぶ危険性があります。USB端子が引っ込むタイプがあるのでそちらがお奨めです。USBメモリーは数年たつとデータが自然に消えていきます。性能上仕方がないので長期保存したい方はDVD等に焼いてください。またマメに自宅PCにバックアップを取っておけば学習中のデータ損失のリカバリーができて安心です。

小さい形もお奨めです。理由:足元にPCを置いてる時もあるので 不意に蹴って曲げることがあります。PCもつぶす可能性があるので気をつけましょう。

このサイトはアフィリエイトサイトなんでアマゾンのリンク張っておきます。iii

よかったら自宅のPCで購入してください。もちろんご自宅の近くの家電量販店パソコンショップでゆっくり探してくだささっても結構ですよ。

 保存方法

USBメモリーをさすと新しいドライブが確認されてPCが中をよみとります。まずドライブ名を確かめましょう。もしドライブ名わからない場合は ウィンドウスでしたらスタートボタン>コンピューター>リムーババブルディスク(F:)等です 「(F:)」とかがUSBメモリーのドライブ名です。必ずしもFとはかぎりませんが Cドライブがハードディスクに割り当てられていますのでだいたいD以降の F、G、ドライブです。 USBメモリーはエクスプローラーから右クリックで<名前の変更(M)>がありますので任意の名前を付けると分かりやすいです。ですので必ずドライブの名前を覚えておいてそこに新規保存時指定するようにしましょう。

 図解入りで 操作方法が載ってましたのでリンクを張っておきます。

USBフラッシュメモリにデータを書き込む方法<Windows Vista(R)> 【動画手順付き】

毎日することなのですぐおぼえますけどね。 

 USBメモリーの読み書きが重たい!!

保存するデータが多いと書き込み読み込みに時間がかかります。フォトショップやファイヤーワークス イラストレーターのファイルは数百メガまで膨れ上がりときがあります。

作業するときはデスクトップに保存用フォルダが用意されています。受講生用フォルダを開いて受講生フォルダ(右クリック)→<新規作成>で、その中に新しく自分の名前のフォルダをつくりその中に製作中のファイルやフォルダごと切り取りもしくはコピーしておくと一時保存時の時間を短縮できます。マメな一時保存はもしもの時のバックアップになります。学習時にはよく失敗しますので保存をマメにする癖をつけましょう。 作業が終わり帰宅するときに USBメモリに自分の名前のフォルダからコピーもしくは切り取りで写し変えましょう。

 学校のPCは定期的にメンテナンスでデスクトップのいらないフォルダやファイル、受講生用フォルダ内の掃除をしているらしいです。一日や二日はのこっていますが一カ月も残っていないです。みなさんの使う作業用PCを快適に使うためにハードディスクの容量を確保しなけれなならないので要らないファイルはなるべく削除するようにしていると思いますので、みなさんも持ちかえるときはUSBメモリに保存した後は、デスクトップに残ったファイルはゴミ箱にいれて帰りましょう。

 最後にUSBメモリ忘れて帰らないように! 

  1. ほかにもあると思ういます・・・ []
  2. まあほとんどいらない過去の知識なので暇な方はウィキペディアにリンクしといたので見ておいてください。 []
  3. 上記USBメモリは私が述べた条件を満たしているとは限りませんのでご了承ください。 []

Powered By WordPress

thema:ng

Copyright © nuritategomen.com 2010-2019 All Right Reserved.