photoshopの各ツールのことを簡単に説明します。使用頻度の高いものから使います。 改めて勉強すると意外に便利なツールが多いのです。しかし いざ実践となると 便利なツールがあったなんて思いだせないのが現実悲しいです。 反復練習とあくなき挑戦だけが上達を約束してくれるように世の中はできているようです。




選択ツール系の説明

選択系ツールは ピクセルを選択(囲む)するもです。注意しなければならないのはどの階層のレイヤーのピクセルを選択しているか? 選択ツールで選択範囲が表示されて、レベル補正などをしても空のレイヤーや別の調整レイヤーを選んでいてプレビューでの確認ができないことがあるのでレイヤーパネルをよく確認する癖をつけましょう。Photoshopは何かピクセルに変化をつける場合ほとんどの作業が選択ツールか選択メニューで始まります。適切にまたすばやく選択範囲を作成できるようにしましょう。

  • 四角形選択ツール四角形選択ツール(マーキーツール)

    選択したレイヤーの面を四角形にレイヤーのピクセルを選択するツール。選択されピクセルは点線で囲まれる。拡大すると囲まれた地域か囲まれてない外の地域かわからなくなるのでよくドキュメントを拡大縮小して確認すること。オプションバーで、選択範囲削除/追加、ぼかしの範囲 スタイル設定で 固定幅や縦横比率指定で選択ができる。 「楕円選択ツール 一行選択 一列選択ツール」等が裏に隠れている

  • 投げ縄ツール投げ縄ツール 多角形ツール マグネットツールが裏面に隠れている。 

    投げ縄ツール系は選択範囲をマウスの軌道で囲むためのツールです。多角形ツールは角にしたいところでクリックして多角形を描くように選択範囲を囲みます。 マグネットツールはピクセルの色データを感知してある程度色の境界線を選択していきます。思った通りに行かない場合は「幅」「コントラスト」をオプションバーで設定変更してみましょう。空と地面など色のはっきりと変化した部分を選択するのに有効です。 

  • 自動選択ツール自動選択ツール

    クリックしたピクセルの色情報から許容量に応じた 色情報に近い色を選択してきます。一定の色を変化させたい時などによく使います。

  • クイック選択ツール

    自動選択ツールの裏(長押しで出てくる)にあります。 筆のようにマウスをドラックしてピクセルを選択します。 おおざっぱに選択するのでおおざっぱに選択したい時に。 

よく使う選択範囲メニュー 覚えといて損しない選択メニュー
  • 選択範囲の解除(Ctrl+D

    選択範囲を解除しないといつまでも選択範囲の点線が残っている。別の編集になった時邪魔なので不必要な場合解除すること。

  • 選択範囲の反転

    選択範囲を作り、選択されていないところを逆に選択させる。これは変化させたくないところを選ぶ逆転の発想技、使える技です。

  • 選択範囲の保存

    せっかく苦労して選択範囲を作って、いらなくなって解除して。別の編集でまたほしくなった時、また同じ手順で選択範囲を選ぶのは骨が折れます。そんなこともあろうかと。選択範囲を保存しておきましょう。「チャンネルパネル」に新しく登録されていつでも呼び出せます。

  • 色域選択

    色域選択ダイアログボックスが展開し、スポイドマークでピクセルを選び、同じ色域のピクセルを選択します。色を変化させるときなどに使います。

  • 境界線を調整

    境界線をピクセル単位で拡張/縮小/ぼかし等の編集ができる。オプションバーでの設定をし忘れ時にも後から設定できるのが便利です。

  • 境界線を変更

    選択範囲の境界線の精度のオプション、ダイアログボックスが飛び出て コントラストや丸みなどの設定を変更して細かなディティールを選択していきます。

  • 境界線を変形

    バウンディングボックスが表示され縮小拡大などの選択範囲の変形を設定する。変形の確定に関してはオプションバー○×またはEnterを押して決定する。

  • レイヤーパネルからサムネイルをCtrl+クリックで選択範囲呼び出し

    レイヤー内にあるマスクサムネイルやピクセルを選択範囲として読み取ります。

  • クイックマスクモードで編集をクリックし、描画色「黒」で選択したいところを塗りつぶし選択範囲を作る。

    クイックマスクモードで描画色で塗りつぶした場所はチャンネルパネルに一時保管されます。 描画後クイックマスクモードを通常モードに替えると 描画したところ意外が選択範囲として現れます。その後<選択範囲を反転>で選択範囲を黒く塗った場所に選択する。つまりマスクする部分が黒(#000000)(グラデーションマスク)で表現されるため。マスクされない部分が選択範囲として現れるのです。条件によりますが「選択範囲≒マスク範囲」と考えることもできるでしょう。

photoshopリファレンス本でよんだことのある本


Photoshopの基本的な操作と初心者向きのリファレンスを紹介している。ボリュームもそこそこあり素材もしっかりしている。しかし、リファレンスにありがちの実践でどう使っていいかわかりにくい部分は初心者にはあるだろう。この書と一緒にチュートリアル系の教材を同時に使っていくと上達が早いかもしれません。


チュ-トリアルとリファレンスのバランスがよいが初心者にはやや難解な言葉と順番に読んでいってもなんだかすぐに覚えれないのが難点、この書も初心者よりの分かり始めたレベルの人向きです。 初めて私が購入したphotoshopの本でしたが当時読んでも難解で良く分からなかったです。反面チュートリアルがなぜここの作業が必要か丁寧に解説されていて練習しがいがあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]
はてなブックマーク - Photoshop 各ツール(選択範囲編)